みんつく:つくば安心安全子育てネット
 
      
 



 


一般社団法人みらいウェブ推進協会

 
携帯、スマートフォンからも
ご覧いただけます!
 
FX業者ランキング
 
 
結婚
 
くりっく365業者一覧 HOME
 
スプレッドが小さい会社
 
デイトレ用にクリック証券
 
高額なバイト
 
話題のFXをマスター
 
トップページコラム > 通村瑠美
 
 

通村瑠美(みちむら るみ )

【Profile】

KINAKOベビーサイン教室代表。愛称:きなこ。
~赤ちゃんの笑顔が未来をつくる~ 
を合言葉に、ベビーサインを通して親子の絆づくりをサポートしています。子どもの野外教育の現場で約8年活動後、つくばに移り2009年7月よりベビーサイン講師として活動。

偉大なる『ママ』というお仕事を応援すべく、心をこめてコラムを発信していきます。ベビーサインで知った赤ちゃんの内なる声も、伝えていきます。毎月数回更新予定。どうぞお楽しみに!



 
通村瑠美 >> 記事詳細

2013/06/24

第11回 メディアと赤ちゃん③~聞きとる力~

Tweet ThisSend to Facebook | by よーちゃん
こんにちは、ベビーサインのきなこですo(^▽^)o

テレビを消す時間、作って下さっていますか!?
テレビやCD、ラジオなどを消すと、静かですよね(^^)
実はこの静けさは、赤ちゃんに語りかける際にとても大切な環境です。

なぜでしょう。
これは、赤ちゃんの聞きとる力と関係しています。
赤ちゃんは不要な音(雑音)を無視して、聞きたい音のみを聞きとる力がまだ弱いのです。
この聞きたい音を聞きとる力は、静かな環境の中で、自分だけに語りかけてもらう経験の中でつくといわれます。
乳幼児期は、聞きとる力をつける大事な時期なのです。

私達大人は、騒がしいパーティー会場でも、少し離れた好きな人の声を聞きとる力があります。
また日常の雑音、例えば、常にコチコチと鳴っている時計、鳥の声、車が走る音、パソコンの起動音などを、気にとめることはありません。
しかし、赤ちゃんは違います。すべてを聞いています。
ベビーサイン生活をしていると、その事がよく分かります。

「赤ちゃんが急に、【聞こえる】と【〇〇(鳥、飛行機、赤ちゃんなど)】のサインをしたんです!」というお母さん。
「耳をすませると、そのとき本当に、赤ちゃんのサインの通り、鳥の声(または飛行機の音、工事の音、赤ちゃんが泣いている声、芝刈り機の音など)がしていたんです。親は気づかないような音でも、よ~く聞いているんだなと感心させられました」 このようなエピソードを聞くことが、とても多いのです。

赤ちゃんは成長とともに、時間をかけて少しずつ聞きとる力を獲得していきます。この大事な力をつけるためには、乳幼児期にテレビや音楽を消した静か環境の中で、1対1で語りかけてもらうことがとても大切です。

かし、乳幼児期のテレビ視聴の長時間化が原因でしょうか、こ聞きとる力が弱い子どもが増えているようです。

今年3月の大阪日日新聞(Web版)に特集記事がありました。



********************************

「聞く力の低下」(以下抜粋)

数年前、ある中学校の先生の講演会で聞いた話である。
先生が「今日は38ページからはじめるから38ページを開けなさい」と言っても誰も開けない。
1人の生徒が「先生何ページですか?」と聞くので「38ページだ。ちゃんと聞いておきなさい」と答えても、別の生徒が次々「何ページですか」「何ページですか」と聞くのでなかなか授業が始められないと。
これと同じ話を他の中学の先生からも聞いた。
教室のトップクラスの生徒でも先生の話が聞けない。そういう子供がふえ続けている。
(後略)(文:正司 昌子)

********************************

このように、集団の中で聞きたい音を聞きとる力が低くなると、学校で授業を受けるにも困りますよね。もちろん、社会に出てからも困ります。

イギリスの言語療法士であるサリー・ウォード氏も、著書「語りかけ育児」の中で、聞きとる力をつけるためには、乳幼児期に静かな環境で語りかける時間をもつことが重要だと繰り返し説いています。

静かな環境で語りかけることによって得られる「聞きとる力」は、後の学習にも欠かせない基礎力になります。

テレビも音楽も適度に楽しみつつ、静かな中で赤ちゃんとの会話を楽しむ時間もあるといいですね♪


13:18 | 投票する | 投票数(3)