みんつく:つくば安心安全子育てネット
 
      
 



 


一般社団法人みらいウェブ推進協会

 
携帯、スマートフォンからも
ご覧いただけます!
 
FX業者ランキング
 
 
結婚
 
くりっく365業者一覧 HOME
 
スプレッドが小さい会社
 
デイトレ用にクリック証券
 
高額なバイト
 
話題のFXをマスター
 
トップページコラム > 高野優
 

 
高野優(たかのゆう)
【Profile】
育児漫画家・絵本作家であり、大学生、高校生、中学生の三姉妹の母。
2015年 日本マザーズ協会よりベストマザー賞を受賞。
マンガを描きながら話をするという独特のスタイルで、育児に関する講演活動を全国でおこなっています。
NHK教育テレビにて「土よう親じかん」「となりの子育て」の司会を3年間務めました。
第19回「NHKハート展」(2014年2月より全国巡回)に参加しました。
2015年7月より日本テレビ系「スッキリ!」にコメンテーターとして出演中です。
『よっつめの約束』(主婦の友社)、『思春期ブギ』(ジャパンマシニスト社)等、著書は40冊以上になり、台湾や韓国等でも翻訳本が発売されています。
高野優公式サイト http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/
 

高野 優 最新コラム


2017/04/11

第7回 帆をあげて

Tweet ThisSend to Facebook | by mana
「はいこれ」と、小さな手から渡されたのは招待状。
封筒をあけると、二分の一の成人式にお越しくださいと書かれてあった。

ああ、もう10年が経ったんだ。
か細いのに力強い産声を耳にした日から10年が。
 
思春期の入り口に立って、まっすぐに前を見据えている10歳の長女。
今、確かにわたしと娘のあいだに、大きなうねりのようなものが見えた。
これまでのような親子ではいられないんだろう。
 
どうしても聞いてみたい。
この10年、いったいなにを見て、なにを聞いて、なにを口ずさんできたの?

 
長女が赤ちゃんだったころ、夜泣きがあまりにもひどくて、とにかくへとへとだった。
家のなかでさえこんなにうるさいんだから、さぞかしご近所迷惑だろう。
 
あるとき、お隣に暮らすおばあちゃんが玄関先で日向ぼっこをしていたので、夜泣きでご迷惑をかけていませんか? と、声をかけた。
おばあちゃんは、わたしと娘の顔を交互に見たあと、静かに話し始めた。
「年に『つ』がつくうちは神様の子どもだから、大事に育てていればいいのよ」と。
その穏やかな微笑みを、この先もずっと忘れないんだろうなぁと思いながら頷いた。
 
ひとつからここのつまで、年齢に「つ」がついている。
わたしの腕の中で泣き疲れて眠る小さな子が神様の子どもなのかどうかはわからない。
それでも、大事に育てようと胸の奥で誓った。
 
 
そして今、さらに10年という月日が経ち、泣きじゃくっていた小さな娘は、わたしの背を軽く越した。
成人式を迎え、振袖をまとってうれしそうにはしゃぐ姿に、ふと、二分の一の成人式の面影を重ねる。
 
10年前には想像もつかなかった未来を歩んでいるけれど、それでもただ、子どもの歩む道に光を照らしたくて帆をあげている。
荒波に負けないように高く、どこまでも高く。


*本コラム「寝ても覚めても」は、別媒体へ掲載した原稿をみんつく用に加筆訂正したものです。
09:00