みんつく:つくば安心安全子育てネット
 
      
 



 


一般社団法人みらいウェブ推進協会

 
携帯、スマートフォンからも
ご覧いただけます!
 
FX業者ランキング
 
 
結婚
 
くりっく365業者一覧 HOME
 
スプレッドが小さい会社
 
デイトレ用にクリック証券
 
高額なバイト
 
話題のFXをマスター
 
トップページコラム > 北林利江
 
 

北林 利江(きたばやし としえ )
【Profile】

1965年生まれ。2児の母。

「シャレコ」というのは高校の恩師が名付けたニックネーム。オシャレな娘という意味。
東京都私立富士見高校卒業後、天理大学にて教員免許取得。NTTに10年間勤務した後、肌トラブル解消に定評のある化粧品メーカーに転職。美容カウンセラーとして、8年間、薬局にてのスキンケアカウンセリング、スキンケア法のプレゼンテーションなどを行ってきた。
その後、支援を受け「シャレコスキンケア(基礎化粧品)」の発売をインターネット通信販売で開始。これまで10万人を超える肌トラブル相談を軽減、解消のお手伝いをしてきた。
現在は、Yahoo!トピックスで取り上げられる美容コラム記事や、ロサンゼルス開催の肌トラブルをリセットするスキンケアセミナーなどで人気を博す。
■スキンケアおたくシャレコ先生の3分動画:YouTube「シャレコ先生」
■メールマガジン :♪シャレコレター(週1回配信)読者18,000人
■アメブロ 専門家マイスター アメブロマイスター
 シャレコ株式会社 代表取締役
 一般社団法人ダイヤモンドハートスクール 理事
 相続診断士
 

北林利江 最新コラム

北林利江 >> 記事詳細

2016/10/26

第8回 小・中学生の肌トラブル ~乾燥肌のケア~

Tweet ThisSend to Facebook | by mana
こんにちは。
肌トラブルをリセットするスキンケア術のシャレコです。これまで10万人を超えるスキンケア相談をお受けしてきました。
「お肌は心の鏡」というように、お肌のトラブルは心と密接に関連しています。
お肌のトラブルがなくなり、心も晴れやかになることを願って、日々届くたくさんの肌相談にお答えさせて頂いています。

肌トラブルをリセットするスキンケア術 ―小・中学生編― 

今年は、秋なのに真夏日になったり、急激に気温が下がったりと、
気温変動が激しい年ですが、
このような年には、お肌の乾燥が一気に進むケースがあります。
 
大人よりは子供の方が肌自体に潤い成分がしっかり分泌されるので、
お肌はつややかでしっとりしているはずなのですが、
体質によっては乾燥肌で、カサカサと皮がむけていたり、
白く粉をふいたようになってしまうお子様もいます。

乾燥肌のお子様の場合、保護者の方も
「何を使って顔を洗って、どんなケアをしたらいいか?」と
お悩みになるのではないでしょうか?

基本的に私は、子供の頃は化学的(ケミカル)に出来ている化粧品などは
使わない方が、将来の肌のためになると考えておりますが、
乾燥肌を放置すると、そこからひどい肌荒れを起こすこともあるので、
適度なケアは必要だと思っています。

そこで、今日は「乾燥肌のケア」の仕方をご案内します。

顔が乾燥するというお子さんの場合、
一般的には弱酸性の洗顔料を使って洗いがちですが、
弱酸性タイプはしっとりさせるための成分が多く配合されているので、
ヌルヌルを取り去ろうとすすぎの時間が長くなってしまいます。

すすぎの時に、肌が持つ水分も逃げやすいと言われていますので、
できるだけすすぎの回数を減らすことが大事です。

そのためには、ヌルヌルがずっと続く洗顔料は使わない方がいいのです。

また、保湿剤としてはクリームや乳液ではなく、皮脂に近い構造と言われている
マカデミアでできたスキンケア用のオイルを使うといいでしょう。

少量使いでも乾燥がすぐによくなります。

「あー、そうかオイルがいいのね?」と思っていただいたかと思いますが、
食用のオイルは使いません。
必ずスキンケア用のオイルを使うようにしましょう。
そうでないと、顔がくすんだり、子供でもシミができる可能性があります。


まとめますと、

1.洗顔料は使わずに素洗いにする。

2.お湯の温度は24℃にする。(ほとんど水のような温度です。)
 
3.化繊のタオルは使わない。
   →綿のタオルをそっと肌に当てて水気を吸い取らせます。
   ※お子さんはゴシゴシ拭きたがるので、チェックしてみてください。

4.保湿剤にはスキンケア用のオイルを少量使う 
   →人間の皮脂構造に近いマカデミア
ナッツのオイルが肌なじみは一番いいです。
   ※毎日つけないといけない!と思いがちですが、乾燥度合いをみながら
 つけたり、つけなかったりにしてください。

とにかく、子供のうちから何かを使って、塗って過剰に保護しないことです。
適度に行うという気持ち的に‘ゆるいケア’が一番でしょう。
その方が、肌本来の力が発揮されるからです。

いろいろ行ってもなかなか良くならない肌の乾燥やアトピーにお悩みの方は、
いつでもご相談ください。お待ちしております。

また、ご意見・ご感想などありましたら、どうぞお知らせください。
t-kitabayashi@shareco.co.jp シャレコ北林まで

15:00