みんつく:つくば安心安全子育てネット
 
      
 



 


一般社団法人みらいウェブ推進協会

 
携帯、スマートフォンからも
ご覧いただけます!
 
FX業者ランキング
 
 
結婚
 
くりっく365業者一覧 HOME
 
スプレッドが小さい会社
 
デイトレ用にクリック証券
 
高額なバイト
 
話題のFXをマスター
 
トップページコラム > 北林利江
 
 

北林 利江(きたばやし としえ )
【Profile】

1965年生まれ。2児の母。

「シャレコ」というのは高校の恩師が名付けたニックネーム。オシャレな娘という意味。
東京都私立富士見高校卒業後、天理大学にて教員免許取得。NTTに10年間勤務した後、肌トラブル解消に定評のある化粧品メーカーに転職。美容カウンセラーとして、8年間、薬局にてのスキンケアカウンセリング、スキンケア法のプレゼンテーションなどを行ってきた。
その後、支援を受け「シャレコスキンケア(基礎化粧品)」の発売をインターネット通信販売で開始。これまで10万人を超える肌トラブル相談を軽減、解消のお手伝いをしてきた。
現在は、Yahoo!トピックスで取り上げられる美容コラム記事や、ロサンゼルス開催の肌トラブルをリセットするスキンケアセミナーなどで人気を博す。
■スキンケアおたくシャレコ先生の3分動画:YouTube「シャレコ先生」
■メールマガジン :♪シャレコレター(週1回配信)読者18,000人
■アメブロ 専門家マイスター アメブロマイスター
 シャレコ株式会社 代表取締役
 一般社団法人ダイヤモンドハートスクール 理事
 相続診断士
 

北林利江 最新コラム

北林利江 >> 記事詳細

2016/07/29

第6回 小・中学生の肌トラブル

Tweet ThisSend to Facebook | by mana
こんにちは。
肌トラブルをリセットするスキンケア術のシャレコです。これまで10万人を超えるスキンケア相談をお受けしてきました。
「お肌は心の鏡」というように、お肌のトラブルは心と密接に関連しています。
お肌のトラブルがなくなり、心も晴れやかになることを願って、日々届くたくさんの肌相談にお答えさせて頂いています。

肌トラブルをリセットするスキンケア術 ―小・中学生編― Vol.6

これまで乳幼児のスキンケアについて、肌トラブルにならない方法やアイテム選びなどをお送りしてきました。

今度は、小・中学生の肌トラブルについてです。

この時期一番多い肌トラブルがそうです「ニキビ」ですよね。
 
ご両親も、10代の頃ニキビでお悩みだったりしていませんでしたでしょうか?
ニキビは遺伝要素も強いと考えられており、体質も似ていることからご両親のどちらかが思春期にニキビが出来ていると、お子さんもなりやすいという傾向があります。

思春期にニキビができやすいのは、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激されることにより、皮脂の分泌が活性化することが主な原因と言われています。

皮脂腺の多い部分に発生しやすいため、頬の約7倍毛穴が多くなっているTゾーン(額、鼻、顎)は、ニキビができやすくなるのです。
まず、一番に考えなくてはいけないことは、「ニキビをムリに止めようと思わない」ことだと考えています。
ホルモンバランスを整えるために出来ているニキビですので、無理に薬をあれこれ使いすぎて抑えてしまっても逆効果だったりするのです。
たいていは「自然治癒」できます。ただ、そこで注意点がいくつかあります。

【男の子の場合の注意点】 
・熱いお湯(シャワー)で顔を洗っていないか?⇒24℃で洗います。
・石鹸で、ゴシゴシ擦って洗っていないか?⇒泡を乗せて転がして洗います。
・ホコリまみれになった後に、軽く水洗いしているか?⇒ほこりを長時間付着させない方がいいです。

【女の子の場合の注意点】 
・髪が皮膚にかかっていないか? ⇒髪に触れる刺激が悪化させます。
・シャンプーやコンディショナーが高保湿でないか?⇒できれば石鹸シャンプーなどがオススメ
・鏡をみて、潰したりいじったりしていないか? ⇒凹凸(クレーター状)に跡が残ってしまいます。
などが挙げられます。

石鹸で洗顔をしている場合、皮脂が取られ過ぎてしまっていて、ニキビがなかなか治らずにいるケースも多々あります。
その場合は、「微アルカリ性の洗顔料」を使うと回復が早くなります。
また、女の子の場合、ニキビ用化粧品などを使うことがありますが、できるだけ高保湿なものを避けるほうが回復は早まります。
また、女の子の場合は、この時期はとても繊細になる時期です。
ニキビが出来たことで周囲の目が気になり、マスクで隠したり、髪の毛で覆うようにしたりとします。
中には、友達からの一言で傷ついて自信を失ってしまうお子さんもいらっしゃいます。
お母様は、できるだけお子さんの話を積極的に聞いてあげるようにしてください。
「そんなの放っておけばよくなるわよ。」「青春のシンボルだから仕方ない。」と言った親の一言を30年、40年
経っても苦しさをわかってもらえずに悲しかったとお話くださる方もいらっしゃいます。

一緒にニキビがなくなるように努力するからね、ということで食生活を見直したり、お子さんの腸の具合などもチェックしてみるといいですね。

ただ、冒頭にも申しましたが、薬でむやみに抑えなくてもいい!という点だけは知っておいてもらいたいです。
若いので回復力もあります。しっかり心のサポートをしながらこの時期を乗り切っていただけたらと思います。

いろいろ行ってもなかなか良くならないニキビにお悩みの方は、いつでもご相談ください。お待ちしております。

また、ご意見・ご感想などありましたら、どうぞお知らせください。
t-kitabayashi@shareco.co.jp シャレコ北林まで

10:00